ヘリカル円切削
  AutoNC    現場で使うNCソフト & 輪郭加工 干渉計算エンジン

  




















  





  まだ使われたことのない方には、1か月間の試用版をお貸しします。
  メールをください。メールに添付します。

   無料期間が過ぎました。(3年間無料でした)
   2020年10月13日まで、全部のソフトを無料開放しましたが、10月14日以降は、有料になります。
   続けてご使用になりたい方は、ご連絡ください。

      製品版のインストール方法    ライセンスの入れ方   


       


 工具中心とオフセット(G41)を選べます。     工具中心の方が高度な加工ができます。
 ヘリカル切込みを使うと、下穴なしで、高速加工できます。


  高速へリカル1(動画)   高速へリカル2(動画)   輪郭荒取り(動画)   輪郭荒取り2(動画)

  深い所の穴あけ(動画)   Φ20基準穴(動画)    ボタンダイ用荒取り(動画)

  ヘリカル深穴サイクル(動画)   ヘリカル深穴サイクル ボールエンド(動画)


 円のヘリカル加工 円切削 ヘリカル切削
             ヘリカル切込み      ピッチ切込み
    
  深い所の穴あけ     20Φ基準穴      輪郭荒取り(荒取りPROで穴位置を求める)
     
   ボタンダイ   ドリル加工の為に形状に平面を作る  ヘリカル切削


 ヘリカル円切削(工具中心) 実行画面

 詳しくはマニュアルをご覧ください。


 ◎1度に3本のNCデータを作成します。

  @荒取りチェック用NCデータ  …… 確認したい位置だけを移動する。
  A荒取りチェック用NCデータ2 …… 数mmだけ掘り込んでセンタードリル用の平面を作る。
  BNCデータ          ……  @を実行した後、無人加工が可能

 ◎工具径と穴径から、自動でパスを発生します。
   Φ50の工具でΦ150の穴をへりカル加工できます。(工具中心)

 ◎位置決めNCデータやEXCEL位置データが読み込めます。

 ◎深穴サイクルで、ドリルの深穴サイクルのような動きができます。

 ◎ヘリカル加工の加工時間と切削長を表示します。

 ◎NCデータの作図確認ができます。

 ◎NCコードの表示・編集ができます。


 「NC表示」 工具中心の場合

 穴径が大きい場合は、内側に取り残しが無いように工具パスを作ります。
 


    先頭に戻る